インストール

プロジェクトに @nuxt/content の依存関係を追加します。

yarn add @nuxt/content
npm install @nuxt/content

そして、nuxt.config.jsmodules セクションに @nuxt/content を追加します。

nuxt.config.js
{
  modules: [
    '@nuxt/content'
  ],
  content: {
    // Options
  }
}

TypeScript

tsconfig.json内の"types"配列へ、@nuxt/types (Nuxt 2.9.0+)もしくは@nuxt/vue-appに続けて型を追記します。

tsconfig.json

{
  "compilerOptions": {
    "types": [
      "@nuxt/types",
      "@nuxt/content"
    ]
  }
}

なぜ?

nuxt の動作方法のため、コンテキストの $content プロパティは TypeScriptのdeclaration merging機能 を通して、nuxt Context インターフェースにマージする必要があります。型に @nuxt/content を追加すると、パッケージから型をインポートし、TypeScript が Context インターフェースに追加されたものを認識するようになります。

現在のページ